【不合格体験記2016】現役時代に京都大学農学部に落ちた一部始終

目次

京大受験前日

試験当日の予行演習

翌日に控えた京大二次。

当日になって慌てなくて済むよう、(今日が試験だ)と思って当日の移動経路を辿ってみました。

  1. 05:30ごろ起床し
  2. ホテルの朝食会場にて朝食を食べ
  3. 寝癖を直し、ホテルを出て京都駅へ行き
  4. JRと京阪を乗り継いで出町柳駅へと向かい
  5. そこから歩いて京大農学部棟に辿り着く

実際にこの通り行動してみて、ちゃんと京大にゴールできる事を確認しておきました。

京大からの帰り道は、京大正門から京都市バス206号系統に乗って京都駅へと向かいました。

次々と通過する世界遺産を前に歴史好きの私は大興奮し、(世界遺産巡りしてみたいな…!)と、今にもバスを降りそうになっちゃいました。

ホテルに戻るとまだ11時にもなっておらず、(このままずっと部屋でダラダラするのも時間が勿体ないしなぁ)と思い、試験前最後の勉強に取り掛かりました。

  • 英語に関してはシステム英単語と25か年分の過去問を全部黙読/音読し
  • 数学に関しては使い込んできたやさしくない理系数学をパラパラとめくり
  • 物理と化学に関しては名門の森や化学重要問題集の中の不安を抱えていた分野の問題を数問ピックアップして解いてみて

自分の頭を試験モードへカチッと切り替ました。

昼食を食べるのを忘れるほど勉強に集中し、やる事を全部やり終え筆記用具を置きました。

その後、お腹が空いたためコンビニで適当に夕食を仕入れ、ホテルでむしゃむしゃ食べながら今までの日々を振り返ってみました。

回想

私が京大合格を志したのは中学3年生の時でした。

何かの番組で京大の学生寮が特集されていて、

かめ

楽しそう!こんな自由な大学に入って勉強してみたいな…

と思ったのが京大に憧れたきっかけでした。

私の通っていた学校は7年制(笑)。どうしても現役合格したかった私は授業の進度の遅さに我慢できず、自分のペースで独学を進めました。

高校一年次には高校範囲の英語と数学を終わらせ、高二の半ばには理科も独習し終えていた記憶があります。

私は非常に不真面目な学生だったため、なんと学校の授業中に自分の独学を進めていました。

いわゆる『内職』をやっていた私はしょっちゅう先生からこっぴどく叱られていましたが、授業を聴いているふりをしつつ、着々と独学を進めていきました。

高三の春までは模試の成績が非常に悪く、先生方も(内職をやっているからそんな成績なのだろう笑)と今にも言いたそうな顔でした。

あまりにも悔しくて、(絶対に見返してやるぞ…!!!)と歯を食いしばって勉強した結果、夏の京大模試ではB判定、秋にはA判定をもぎ取るまでになったのです。

B判定までは先生方からはまだ(まぁ、マグレだろう)と思われていたようです。しかし、A判定を取って以降、先生方は私の内職に一切口出ししなくなりました。

そもそも、私が授業を聴かず内職をしていたのは、先生の教え方があまりにも私に合わなかったせいなのです。

”授業なのだから聴きなさい”と説教されても聴く気が全く湧き上がらなかったし、事実、浪人してプロの先生に教えてもらえる予備校に入ってからは割と真面目に授業を聴いていたのですから…

中3から4年間、自分なりにベストを尽くしてこれまで戦ってきました。

やれる事は全部やってきたと思うし、たとえどんな結果になろうと後悔はしないでしょう。

明日は最高の晴れ舞台。全国から集った最強のライバルたちと雌雄を決する時であります。

かめ

必ず合格を手にしてみせる。華の京大生活は自分のものだ!!!

目を瞑り、大きく何度か深呼吸したのち、深い眠りについたのでした。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次