北大大学院修士課程入学試験(8月)の面接で問われた内容

この記事は、2020年8月の北大大学院某専攻入学試験における面接のダイジェスト版となります。録音不可につき自身の記憶のみを頼りに作成したので、内容に若干の誤りが含まれているかもしれない点はどうかご了承ください。

目次

入室~志望動機などありふれた質問

かめ

失礼します。受験番号○○のかめです。本日はどうぞよろしくお願いします

面接官さん

よろしくお願いします。では、そこに置いてある消毒液で手を消毒してから椅子にお座り下さい

かめ

はい (あ~、めっちゃ緊張するなぁ。何を聞かれるか分からんからビクビクするなぁ…)

(返事してから消毒液で軽く消毒し、椅子の隣まで行き一礼した後着席)

面接官さん

それでは面接を始めます。まずは志望動機から聞こうかねぇ

かめ

はい。私が北大大学院の〇〇専攻を志望した理由は、学部時代に学んだ知識をさらに深め、大学院の研究において論理的思考力と粘り強さを身につけ、社会に有用な人材になりたいと思ったからです。学部時代に北大の〇〇コースで勉強し、大学院でも〇〇系の勉強をしたいと思いましたので、受験先には〇〇専攻を選びました

面接官さん

ふ~ん。まっ、志望理由はそんな所かねぇ~。それじゃあ、修士を出た後はどうするの?

かめ

はい、大学院修士課程卒業後は一般企業に就職しようと思っています

面接官さん

ドクターには行くつもりはないの?

かめ

そうですね、今は企業への就職を第一に考えています
(註:まさかドクターへ行くことになるなど、B4の私には知る由もありませんでした)

面接官さん

じゃあ、さっき企業に就職したいって言ってたけど、就きたい職種は考えてる?

かめ

はい、職種は研究職に就きたいと思っています。私は大学院でリチウム電池に関する研究を行う予定です。そこでの研究生活で培った知識や経験を活かすべく、就職先は電池製造に携われる企業に行きたいと願っています

面接官さん

そうかい、分かった。ところで、昨日の筆記試験の出来はどうだった?

かめ

実は私、筆記試験を免除になっておりまして、昨日の試験は受けていないのです

面接官さん

あっ、そうなの?

かめ

左様でございます。ただ、筆記試験を受験した友人から問題を借り、昨日の午前中に行われた問題に関しては自分の力で実際に解いてみました

面接官さん

体感的にはどれぐらい取れてたかな?

かめ

解答がないので正確な割合は述べられませんが、およそ7~8割は得点できたと思います。どうしても分からなかった問題は教科書を読んだり友人に質問したりして理解を深めました

面接官さん

それだけ点数が取れるんだったら、免除じゃなくてもよかったかもねぇ~笑 (ニヤニヤ)

かめ

いえ、免除で良かったと思います笑
(あんなクソ難しい問題、解ける気がせんわ笑。頼むから「今解いてみて」とか言わないでくれよ…?)

面接官さん

もし筆記免除じゃなかったら、ちゃんと合格できてたかな?

かめ

はい、合格できていたと思います!筆記試験が免除だと分かる前までは全範囲の復習をざっとやっていたので、もし院試を受けることになっていたとしてもちゃんと点数は取れていたはずです
(こうでも言っておかないと「じゃあ今から問題出してみるね」とか言って急に筆記試験が始まるもんなぁ…)

面接官さん

ふ~ん。じゃあね、もし不合格になったらどうするの?

かめ

そんなのアンタらの知ったこっちゃないやろ笑 仮に不合格になったならば、地元に帰って就職しようと思います

面接官さん

こんな時期に募集をかけている企業はあるのかな?

かめ

はい。私は小さい頃から高校生まで乗馬をやっておりまして、その時お世話になった先生と今でも時々連絡を取り合っております。ですので、もし不合格になったならば、当時の乗馬の師匠に連絡して「こうこうこういう事情があるので雇って頂けないでしょうか?」と頼んでみるつもりです

面接官さん

分っかりました~
では、他の先生方から質問はありませんか?

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

カテゴリー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次